「ウェブサイト設定」とは?

サービス名や取引手数料など、mekumaで構築・運用するウェブサイトに関する各種設定を行うページです。


「基本設定」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
運営サービスに関する設定
02 運営サービス名 運営サービス名(ウェブサイト名)を入力します。
03 フッターに表示するコピーライト フッターの最下部に表示するコピーライトを入力します。
04 サイトを一時クローズ メンテナンスなどでサイトを一時クローズする場合は、このチェックボックスをチェックしてください。(SITE CLOSEDページを表示します)
05 一時クローズ中のサイトへのアクセスキー サイトを一時クローズしている場合にページを確認したい場合、このアクセスキーを付加したURLにアクセスすることでページを表示できます。アクセス用URLの例: https://www.example.com/index.php?store_access_key=my_accesskey
運営者に関する設定
06 会社名 運営会社の会社名を入力します。
07 郵便番号 運営会社の郵便番号を入力します。
08 都道府県 運営会社の都道府県を入力します。
09 市区町村 運営会社の市区町村を入力します。
10 会社住所 運営会社の会社住所を入力します。
11 電話 運営会社の電話を入力します。
12 ウェブサイト 運営会社のウェブサイトのURLを入力します。
13 サービス開始年 サービス(ウェブサイト)を開始した年を入力します。
14 Eメールアドレス 運営会社のEメールアドレスを入力します。ユーザーからの問い合わせや注文確認の控えなど、運営者宛のEメールはこのメールアドレスに届きます。
その他の設定
15 検索バーのプレースホルダー用テキスト 検索ページの検索バーにデフォルトで表示されるテキストを入力します。
16 GoogleタグマネージャーのコンテナID GoogleタグマネージャーのコンテナIDを入力します。

「会員設定」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
02 一般会員によるプロフィール登録 チェックすると一般会員も公開プロフィールを登録できるようになります。
03 一般会員の氏名登録を必須化 チェックすると一般会員登録時に氏名の登録が必須化されます。登録した氏名は予約成立後に出品者に開示されます。その他のユーザーには公開されません。
04 一般会員による出品者登録を禁止 チェックすると一般会員が出品者として会員登録することを禁止します。
05 出品者の直接登録を許可 チェックすると一般会員を経ずに、直接出品者として会員登録することを許可します。
06 出品者の直接登録用リンクをヘッダーに表示 チェックするとヘッダーに出品者として会員登録するためのリンクが表示されます。チェックしない場合は出品者として会員登録するためページのURLを他の方法でユーザーに告知する必要があります。
07 出品者アカウントは出品専用とする チェックすると出品者には一般会員向けメニューは表示されず、他の出品者のプランの予約もできなくなります。
08 法人会員の登録を許可
*プレミアムプラン限定
チェックすると法人名義での会員登録が可能となります。
※ スタンダードプランをご契約の場合は表示されません。
09 各出品者のプロフィールページを別タブで開く チェックすると検索ページから各出品者のプロフィールページに遷移する際に、プロフィールページを別タブで開きます。
10 サービスを提供して対価を受け取るユーザーの呼称 「出品者」という呼称を変更したい場合に使用します。
11 サービスを受けて対価を支払うユーザーの呼称 「一般会員」という呼称を変更したい場合に使用します。
12 パスワードの最小文字数 ログインパスワードの最小文字数を入力します。
13 会員パスワードに英字と数字の双方を含めることを必須とする チェックすると会員パスワードに英字と数字の双方を含めることが必須となります。
14 ユーザー名の最大文字数 ユーザー名として設定できる最大文字数を入力します。
15 自己紹介フレーズの最大文字数 出品者の自己紹介フレーズ(短い自己紹介文)として入力可能な最大文字数を入力します。自己紹介フレーズは出品者検索ページと各出品者の公開プロフィールに表示されます。
16 自己紹介の最大文字数 出品者が自己紹介欄に入力可能な最大文字数を入力します。

「予約に関する設定」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
ダイレクトメッセージによるサービス提供
(mekuma契約時にダイレクトメッセージによるサービス提供を有効化した場合のみ表示)
*プレミアムプラン限定
02 ダイレクトメッセージによるサービス提供期間として設定可能な日数(カンマ区切り) 出品者がダイレクトメッセージでサービス提供するプランを登録する場合に選択可能な日数をカンマ区切りで指定します。
例えば、「3日間、7日間、14日間」を選択できるようするためには、「3,7,14」と入力します。
03 ダイレクトメッセージによるサービス提供日数のカウント開始タイミング ダイレクトメッセージによるサービス提供を行うプランについて、サービス提供日数のカウントを開始するタイミングを指定します。(予約リクエストが承認された当日 / 予約リクエストが承認された翌日)
一般設定
04 提供プランの所要時間として設定可能な分数(カンマ区切り) ビデオチャットや対面でサービスを提供するプランを登録する場合に選択可能な所要時間をカンマ区切りで指定します。
例えば、「15分間、30分間、60分間」を選択できるようするためには、「15,30,60」と入力します。
05 予約受付停止タイミング(X時間前) 予約受付を停止するタイミング(利用開始日時から起算してX時間前)を入力します。
06 予約リクエストの自動キャンセルタイミング(時間) 出品者が予約リクエストの承認または拒否を実施しなかった場合に、自動でリクエストを拒否するまでの時間を入力します。
07 キャンセル期限(X時間前) 予約キャンセルの受付を停止するタイミング(利用開始日時から起算してX時間前)を入力します。
08 出品者による予約キャンセルを許可 出品者による予約キャンセルを許可する場合にチェックします。
09 予約ボタンを一時的にオフ チェックすると予約ボタンが表示されなくなります。プレオープン時など、ウェブサイトは公開するが予約は受け付けない場合に使用します。
通知設定
10 予約リマインダー(1回目)の送信タイミング(予約のX日前) 予約日が近づいていることを知らせるメール(1回目)をお客様に送信するタイミング(予約日のX日前)を入力します。
11 予約リマインダー(2回目)の送信タイミング(予約のX日前) 予約日が近づいていることを知らせるメール(2回目)をお客様に送信するタイミング(予約日のX日前)を入力します。
12 キャンセル期限リマインダー(1回目)の送信タイミング(キャンセル期限日のX日前) 予約のキャンセル期限が近づいていることを知らせるメール(1回目)をお客様に送信するタイミング(予約日のX日前)を入力します。
13 キャンセル期限リマインダー(2回目)の送信タイミング(キャンセル期限日のX日前) 予約のキャンセル期限が近づいていることを知らせるメール(2回目)をお客様に送信するタイミング(予約日のX日前)を入力します。
14 出品者にも予約リマインダーを送信 利用者だけでなく出品者にも予約リマインダーを送信する場合にチェックします。

「レビュー」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
02 レビューの投稿期限 レビューの投稿期限(利用開始日時からX日間)を選択します。
03 出品者からのレビューと利用者からのレビューをまとめて表示 チェックすると1ユーザーにおける出品者からのレビューと利用者からのレビューをタブで分けずにまとめて表示します。
04 星評価を行わず、コメント投稿のみ行う チェックすると★評価(★1つ~5つ)は行わずにコメント投稿のみ行います。
05 リピート予約についてはレビューの投稿リマインダーを送信しない チェックすると、一度利用したことのある出品者のプランを再度利用した場合にはレビューの投稿リマインダーを送信しません。
06 レビューの投稿有無の判定に立場(利用者 / 出品者)を考慮しない チェックすると、リピート注文についてはレビューの投稿リマインダーを送信しない設定の場合に、 立場(利用者または出品者)に関わらず、取引相手に対して過去にレビューを投稿しているとレビューの投稿リマインダーを送信しません。

「Stripe Connect」タブ


No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
02 公開可能キー Stripeの公開可能キーです。 Stripeダッシュボード → 開発者 → APIキーの「公開可能キー」 に表示されるトークンをコピー&ペーストしてください。
03 シークレットキー Stripeのシークレットキーです。 Stripeダッシュボード → 開発者 → APIキー の「シークレットキー」 に表示されるトークンをコピー&ペーストしてください。
04 保留期間 下記「05.課金タイミング」で指定したタイミングでの課金後、出品者による売上の出金申請が可能になるまでの日数を指定します。
※ 利用者者と出品者間でトラブルが発生した場合、保留期間中であれば出品者が出金を行う前に運営者がトラブルの調停を行い、取引のキャンセルなどを実行できます。そのため、保留期間には充分な日数(推奨値 : 30日間)を指定することをおすすめします。
05 課金タイミング 予約金額を実売上処理するタイミング(予約実行時 / 予約当日 / 開始時刻から24時間経過後の最初の午前0時頃)を指定してください。
06 業種コード https://stripe.com/docs/connect/setting-mcc に記載の業種コードのうち、自身のウェブサイトで売買されるサービスに最も近い業種のコードを入力してください。
07 取扱商品の説明 ウェブサイトで売買されるサービスの簡単な説明を入力してください

「取引手数料」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
02 デフォルトの取引手数料 運営者が出品者から取引額に応じて徴収する取引手数料の料率(%)を入力します。
03 取引手数料の種類 運営者が’出品者から徴収する取引手数料の種類が表示されます。(「%」固定)

「売上の出金」タブ

No. 名称 説明
01 「保存」ボタン 入力した内容でウェブサイトの設定を保存します。
02 振込手数料(円) 振込1回毎に出品者から徴収する振込手数料(円)を入力します。
03 売上の出金が可能となる最低金額(円) 出品者による売上の出金が可能となる最低金額(円)を入力します。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました